VPSサーバの監視サービスについて

subpage01

VPSサービスでは各種監視サービスが充実してきています。



従来からさまざまなツールでサーバが監視されていますが、VPSサーバの場合はローカルからのチェックがユーザにはできないのでグローバル側で障害があると監視できなくなります。

そこでVPSサービス側ではローカル側からしっかりサーバを監視できるオプションを用意しています。
VPSサーバの監視は24時間行われていますが、物理サーバが停止しないかぎり、個々のユーザ領域には手を出さないことが多くなっています。
そのため気づかずにWebサーバが停止し続けたという事例も数多くあります。

オプションサービスでは指定されたサーバアプリケーションやサービスをチェックし、必要に応じて再起動やメールなどでの通知を行ってくれます。

また、電話で再起動を依頼することもできるなどグローバルからのアクセスができない場合にも柔軟な対応が可能になっています。



サーバの監視については死活監視の他にサーバアプリケーションの稼働状況チェックも重要です。



ただし、専門的な知識が必要になることから設定変更などの具体的なアドバイスを提供してくれるオプションサービスを利用する方も増えています。このオプションでは問題となっているサービスについて設定ファイルやリソースの利用状況などをチェックし、必要な情報と設定変更などのアドバイスをくれるサービスです。

OSや利用しているサーバアプリケーションに合わせて適切なアドバイスが得られるとあって利用する方が多くなっています。